不妊治療ブログたまに日常

不妊治療やダイエット、日頃のちょっとしたことなど書いていきます!メインは不妊治療♪良い報告が出来るようがんばります(*^^*)

不妊治療3回目

7/25

この日は午後一での検査。

痛みや出血を伴う人もいる様なのでナプキンを持参して下さいとのことでした。

待合室の中、どれぐらい痛いのだろうか。子宮癌検査位なのかそれ以上なのか。

私は子宮癌検査で脂汗が出るぐらいの激痛を経験して、これから受ける検査にガクブルとしてました。


診察室に呼ばれて最初は子宮鏡で子宮の中をみるそうです。

先生から力抜いて~( ´∀`) と言われて機械が挿入されました。

もう信じられない位痛くって半泣き。

横にあるモニターで状態を一緒に見ることが出来たんですが、手に汗握りながら先生の説明を聞くもほぼ画面みれず。返事をかろうじて返すだけ、、、結果は子宮内は綺麗で変形もなく腫瘍もなし(*^^*)

次の造影検査のため造影剤を入れるための管を残して下着をつけてレントゲン室に移動です。

その間もジンジン痛かったけど、先程までではなかったのでなんとか歩いて行けました。


レントゲン室では紙?の様なスカートに履き替えてレントゲン前に。背もたれがゆっくり倒れて横になり先生待ち。

その間、看護婦さんと造影剤入れるときはそんなに痛くないですか?

と質問したら、人それぞれだよーと。

液体入るだけだから大丈夫、痛くない!と自分に言い聞かせていたら先生登場。

では入れますね~( ´∀`)と言われて造影剤が流されました。


もう激痛。それにさっきより痛い!!大人なのにボロ泣きしそうな位痛かった。


卵管が癒着してたら痛いらしいと看護婦さんが言ってた。

造影剤を流すことで癒着が剥がれて自然に妊娠できる事もあるよーと、先生が言ってた。

そんな言葉に一時の望みをかけて我慢してたら、先生が癒着はないわー と、もうがっくしです。


その後、もう一度診察室に呼ばれて先生から話を聞きました。


取り合えずは子宮や卵管に異常はないので、卵子がちゃんと育っていくか見ていきましょう。とのことで次の予定が7/27日になりました。

ですがその日は仕事。先生に次の日では駄目かと聞いたところ、『体は待ってくれないし、排卵も待ってくれない、本当に子供がほしいならその日に来るのがベストですよ』と言われました。


この日のお会計は¥9,890

子宮内をいじっているので抗生物質も出て¥560追加でかかりました。


この日から仕事を辞めようか、日程を変更しようか、今現在も考えてます。

不妊治療と仕事の両立は難しいのかなぁ...



あ、7/24日に内診もありました!

このときに貰ったのが子宮の写真。

ここに赤ちゃんが宿るのは何時だろうなぁ(#^.^#)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。